記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

saiの初心者講座7(下地レイヤを作成する)

前回は冒頭で色を塗ると言っておきながらマスクレイヤの作成でおわってしまいました・・・。今回は本当に塗ります。

まず、最近のアニメ絵の塗り方についてですが、適当に録画したアニメを見てみてください。公式ページなどで公開されているキャラ紹介でもいいです。

見てもらえるとわかりますが、基本的に塗る対象(顔や髪などのパーツ)に対して下地+影の2色で構成されています。金属やプラスチックなどの素材の場合は、それらの上に白系の色でハイライトを付けて光沢を出しています。

下地と影にはグラデーションなど使われておらずしっかりと塗り分けられていると思います。つまり、各部位に対して下地レイヤと影レイヤを一枚ずつ(場合によってはハイライトも)作ればいいということになります。

・ハイライト用レイヤ(素材が金属やプラスチックの場合)
・影用レイヤ
・下地用レイヤ
↑こんな感じで、マスクレイヤのフォルダにレイヤを作成することになります。

始めに、下地レイヤを作成します。

photo
マスクレイヤフォルダを選択した状態で、通常レイヤの新規作成をクリックします。

photo
マスクレイヤフォルダにレイヤが作成されます。レイヤ名は適当にリネーム(顔下地とか)してください。

で、次に実際に色を塗るわけですが、

photo
このカラーパレットを見て、いきなり肌色の下地を選択しましょうと言われても途方にくれると思います。私は途方にくれました。

なので、少しインチキをします。たぶんsaiで絵を描こうと思うような人は、PCの中にアニメ画像がたくさん入っていると思うので(^ ^);、その中から適当な画像をsaiで開きます(saiはjpgやbmpなどさまざまなファイル形式に対応しています)。なければ、公式ページのキャラクタ紹介用の画像でもいいです(公式なので間違いがありません)。

「ファイル」→「キャンバスを開く」をクリックして、ファイルを指定すれば画像が表示されます。

photo
次に、肌色の明るい部分をスポイトで吸い取ります。jpg画像の場合、吸い取った位置によって色に差が出ることがあるので気に入った色が取れるまで場所を変えて吸い取ってみます。また、吸い取った色がパレットのどの位置にあるのか覚えておくと今後の役に立つかもしれません。

photo
いい感じの色が吸い取れたら、今度は筆ツールを選択します。ブラシ濃度は100、ブラシサイズは塗る対象の大きさに合わせます。

photo
顔下地レイヤに塗ります。レイヤにマスクがかかってるおかげで顔以外の場所を塗っても表示されません。

photo
補足ですが、塗った箇所は表示されないだけで実際には色が付いていますので、マスクレイヤフォルダから出してみるとはみ出した部分もちゃんと表示されます。

photo
こんな感じですべてのパーツに下地レイヤを作成してください。下地を塗っただけだと、かなりのっぺりした感じなのでかなりがっかりすると思いますが、影をつけることで劇的に変化しますので萎えずに作業を進めましょう。

次回は影レイヤの作成です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

ねこの人

Author:ねこの人
FF14ばかりやってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。